ひきこもり科学館

高学歴こじらせニートが、日々思い付くまま、あれやこれや書きます。

憲法9条では平和は守られない、戦争は防げない、ごく当たり前の理由

近年、改憲に向けた議論が盛り上がっていますが、憲法9条を変えたくない人たちは、よくこんなことを言います。

「日本を戦争する国にさせるつもりか~~~!」とか、

「9条があるから、これまで平和が守られてきたんだ!」とか、

「今まで戦争にならなかったのも、9条のおかげなのよ~!」とか。

ほぅ、なるほど。憲法9条があるから、平和が守られるんだ、と。憲法9条があるから、戦争が起きないんだ、と。へぇ~~~。そっかぁ!と言いたいところですが、無理です。

結論から言えば、憲法9条によって、平和が守られることはありません。憲法9条によって、戦争が防がれることもありません。これから、その単純明快な理由をお話ししましょう。

まずは、憲法9条がどういったものか、おさらいしましょう。何かゴチャゴチャ言っても仕方ないので、条文をそのまま載せますね。ペタリ。

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

うむ、なるほど。戦争も武力も、戦力も、交戦権も、ぜーんぶ「NO」と書かれていますね。確かに、これなら戦争は起こせまい。日本からは。日本からは。

あーくーまーでー、日本からはね!!はーい、ここが問題です。そもそも、戦争って何で起こるんでしたっけ…?―まず、大事な前提として、戦争というのは対外的な関係によって起こります。日本と他の国との関係があって、はじめて起こるものです。決して、日本だけで起こるものではありません。大体は、他の国と正義だの思想だの、利害だの、が対立して起こる訳ですね。他国と揉めて、揉めて、お話では解決できなくなって起こる訳ですね。ということで、よそとトラブっても戦争を起こさないようにするのが、憲法9条の役割といえましょう。これでもう、日本から戦争は起こせません。

しかーし!日本が起こさなくても、相手が起こしてきたら、どうするのでしょうか?日本が「やらないよ」と言っても、相手が「やるよ!」と言ってきたら、どうするのでしょうか?―日本が攻撃を加えなくても、相手が攻撃を加えてくる可能性は十二分にあります。事実、中国なんか、攻撃しまくりですよね。チベットとか、ウイグルとか、どうなりましたかね…?今に尖閣や沖縄だって、どうなるか分かりませんよ。

ここで、ごくごく当たり前の話ですが、日本国憲法は日本国にしか適用されません。日本には9条があるといっても、他の国にはまったく関係のないことです。では、アメリカが9条を守りますか?中国が9条を守りますか?北朝鮮が9条を守りますか?―守りませんよね。守る訳がないですよね。正直なところ、「えっ、関係ないもん。9条なんて」と切り捨てられるのが、目にみえています。日本が一方的にフルボッコにされるのが、目にみえています。だって、そうでしょう?何で、こんな簡単なことが抜け落ちているのでしょう?自分が銃を捨てれば、相手も銃を捨てるとでも思っているのでしょうか?―本当にそう思っているのだとしたら、ちょっと痛々しいくらいに頭が「お花畑」です。何というか、まったく現実に向きあえていない状態です。しかし、日本には、こういう人たちが少なくないようです(例えば、マスコミとか、野党議員とか、学校教師とか)。

という訳で、まとめ。

日本に9条があっても、他の国にはまったく関係のない話です。

以上。

ここで蛇足ですが。いわゆる「護憲派」の皆さんは、北朝鮮にでも行って9条を広めてきてはいかがですかね?9条を営業してきてはいかがですかね?

「日本には、こんなすばらしい憲法がありますよ~」

「北朝鮮でも、9条みたいな条文を作ってみてはいかがですか~」

って。もしできたら、確かに世界平和に貢献できると思いますよ(まぁ、無理でしょうけど)。

ではでは、今回はこのへんで。

 

(参考文献)