ひきこもり科学館

高学歴こじらせニートが、日々思い付くまま、あれやこれや書きます。

男だって日傘を持とう!大丈夫、メリットしかないから

f:id:neetland:20180408191005j:plain

皆さんは、男性用日傘(あるいは紳士用日傘)なるものをご存知ですか?それは、その名の通り、男性が使うことを想定した日傘です。つまり、男だって日傘を持とう!ということです。これは、素晴らしい時代になりましたね!私はこの時代の変化を、大変歓迎しています。かくいう私も、男性ですが、いつも日傘を持ち歩いています(とはいっても、晴雨兼用の折りたたみ傘ですが)。日傘というのは、使ってみると実に素晴らしいもので、今ではもう手放せません。私は世の男性諸君に、日傘の素晴らしさを知ってほしい!そして、日傘を持って街にくり出してほしい!のです。という訳で、今回は私がいつも日傘を持ち歩いている理由を4つ、つらつらと書き連ねていこうと思います。女性のように美容を気にしない方にこそ、読んでほしい。そういう記事です。

 

① 過度の日焼けは身体によくない

つい忘れがちになりますが、日焼けはヤケドの一種です。だから、日焼けの「しすぎ」は明らかに身体によくないです。私はもともと日焼けに強くない体質ですので、少し外に出すぎてしまうと、すぐに身体が痛くなってしまいます。私は、このように痛くなって後悔するのがイヤだったので、日傘を買いました。何と、おかげさまで、去年の夏は1回も痛くなっていません!「私は日焼けに弱い!」という自覚をお持ちの方は、自分の身体を守るためにも、ぜひとも日傘を使ってみてください。

 

② 直射日光を遮るだけで、かなり快適

夏の暑い時期は、少し歩いただけですぐに疲れてしまいます。特に日差しの強い日中は、体力の消耗が激しく非常につらいです。去年の夏も、通勤・通学途中に倒れてしまう~~~、と思ったことが何度あったことか。ところが、日傘を差すようになると、あらビックリ!身体がずいぶんと「ラク」になったのです。それは、なぜでしょう?それはズバリ、直射日光を遮断しているからです。直射日光が遮断されたために、体力の消耗が抑えられたからです。私も、日傘を差すようになって分かったのですが、直射日光を遮るだけでもかなり快適になります。一度、この快適さを知ると、もう日傘を手放すことはできません(少なくとも、私はそうでした)。皆さんも騙されたと思って、一度日傘を差してみてはどうでしょうか。

 

③ 日焼け止めを塗るより「ラク」

なかには、「日焼け防止が目的なら、日焼け止めを塗ればいいじゃないか?」という声も出てきそうです。確かに、それも一理ありますね。しかし、結局は、日傘の方が日焼け止めより手間がかからなくて「ラク」なのです。今思えば、日焼け止めを塗るのって、結構面倒くさくないですか?顔にも、腕にも、脚にも…隅々まで塗らなければなりませんし。クリームはベトベトして気持ち悪いですし…。そんな感じで、結構鬱陶しいものです。それに比べて日傘はどうでしょうか?ひとことで言って「差す」だけです。1秒です。ものすごく「ラク」です。朝の忙しい時間に日焼け止めを塗る2分が節約できます。日焼け止めを塗るのが「面倒臭いなぁ」と感じている方も、ぜひとも日傘を試してください。

 

④ 外出時のファッションアイテムになる

日傘って、ファッションアイテムになりますよね。地味な服装でも、華やかな柄の日傘を指すと、急にオシャレになる。そうやって、ファッションにアクセントを付けることができますよね。そういう良さがありますよね。そうです!日傘は、単なる日よけではないのです。ファッションアイテムなのです。それは、男性でも同じです。男性でも、日傘をファッションアイテムの1つとして、使用することができます。オシャレですよ~。特に、地味で画一的になりやすい、メンズファッションにアクセントを付けるには、最適かと思います。会社で、地味で画一的なスーツの男性社員たちのなか、パッと差せば、すごくカッコイイと思いませんか?晴雨兼用の折りたたみ傘なら、かさばらないし、雨の日も使えるし、で便利ですよ。

 

(さいごに)

いかがでしょうか。少しは日傘を持とうかな、という気になってきたでしょうか?とはいえ、日傘を差す男性がまだ少数なのも事実、少し「恥ずかしい」気がして、ためらっている方も多かろうと思います(私も、そうでした)。しかし、恥ずかしがる必要はありません。しょせん、まだ少し珍しいだけの話です。だんだん皆が使うようになれば、そんなこともなくなりますから(特に、日本人にはそういう傾向があります)。だから、堂々と差して歩けばよいのです!日傘は、実に素晴らしいものですから、1度使ってみれば、その便利さに気付くはずです。何で、今まで使ってこなかったのだろう、と思うはずです。きっと、私のように二度と手放せなくなります。少し勇気を出して、日傘を持ってみませんか?今では、Amazonなり何なりでいくらでも売っていますので、まずはどんなものがあるか、気楽に探してみてください。

 

(PR)

例えば、これなんかオススメ。適度にオシャレでビジネスにも合うスタイル。

それでは、また。