ひきこもり科学館

高学歴こじらせニートが、日々思い付くまま、あれやこれや書きます。

ベーシックインカムが導入されたら何をする? 私なら「起業」する!

近年、「ベーシックインカム」なるものが話題となっています。ベーシックインカムとは、(すごく、ざっくり説明すると)就労や資産の有無に関わらず、全ての個人に対して生活に最低限必要な所得を無条件に給付する政策のことです。機能的には「生活保護」とほぼ同じですが、(就労や資産の有無に関わらず)“無条件”に給付される、という点が大きな違いですね。

 

かのベーシックインカムですが、様々な理由で、未だ実現に至った国や地域はありません(スイスでは、国民投票の段階までいきましたが)。しかし、今でも各地で活発に議論されていることから、将来的にはどこかで実現する可能性はあります(もちろん日本でもね)。では、もしベーシックインカムが導入されたら、あなたは何をしようと思いますか?今のうちに考えておいても、損はないと思います。

 

もしベーシックインカムが導入されたら、私なら「起業」してみたいですね(そんな大仰なものではなく、「自営」といった方がいいかもしれませんが)。まぁ、とにかく、小さくてもよいので、自分でビジネスをしてみたいということです。

 

その理由はと言うと…、ごく簡単です。「失敗しても食うに困らないから」です。これって、ものすごく大きいですよ。今まで「起業」というと、割と「生きるか死ぬか」くらいの覚悟が必要でしたが、そんな覚悟が必要でなくなるのです!そうなると、積極的な挑戦ができるようになります。これは、やらない手はないです。私なら、まずは少額で始められるネットショップでも開きましょうかね。ついでに、気になる株や仮想通貨でも買いましょうかね。いやぁ~、夢が膨らみます。こんな糞みたいなブログを書いている場合ではありません(笑)。

 

ベーシックインカムに関する議論では、様々なメリット・デメリットが取り上げられます。しかし、今までこのようなメリットはあまり強調されなかったように思います(むしろ「ニートが増えるぞ~!」といった言説の方が多かったと思います)。一体、どうしてでしょう…?若い人チャレンジングな人、クリエイティブな人には、間違いなく大きなメリットになりますよ。もしベーシックインカムが実現すれば、起業家投資家芸術家研究家などが一気に花開く時代となるでしょう。こんなに明るい未来像って、なかなか描けないのではないでしょうか。このような未来像を描ける人が増えていけば、きっとベーシックインカムも実現に近づいていくでしょう。

 

それでは、ベーシックインカムの未来に思いを馳せつつ、今回はこのへんで。

 

(参考文献)