ひきこもり科学館

高学歴こじらせニートが、日々思い付くまま、あれやこれや書きます。

今のテレビ・新聞報道に不満、疑問をもつ人におすすめしたい、ネットのニュース・報道チャンネル5選

f:id:neetland:20180614174524p:plain

皆さんは、最近のテレビ・新聞報道について、どう思いますか?何か、ひどいと思いませんか?―私はそう思います。だって、まーだモリカケ。何でもアベのせい。そのくせ、激変する世界情勢は伝えようともしない…。何なのこれ?こんなの、みていたら、脳みそが溶けてしまいそう…。そんなふうに、思ってしまいます。

だって、この発言が、

f:id:neetland:20180614181629p:plain
編集されて、

f:id:neetland:20180614181706p:plain
このテロップですからね。

もう、何を信用したらいいのか、分からない状態です。というか、何も信用できません…。正直、今のテレビ・新聞報道は大方フィクションかな?という感覚でみています(笑)。いやぁ~、腐っていますね。今の政治も腐っていますが、それを伝えるマスコミも相当に腐っています。これでは、ちょっとメディアリテラシーに乏しい人は、いろいろと騙されてしまいますよ。

とはいえ、近年はネットやSNSの普及によって、マスコミのウソがバレるようになってきました。何か、おかしいことがあると、すぐに分かるようになってきました。時代が変わった訳ですね。昔は、マスコミが出す情報も、検証するのは難しかったと思います(ほかに、情報源がないですし)。しかし今は、ネットやSNSによって、速やかに事実関係を検証できるようになっています。そして、矛盾や欺瞞があれば、即座にツッコミが入るようになっています(*)。もう、情報源がテレビや新聞だけ、の時代とは違う訳ですね。

それで、最近はインターネット放送も台頭してきました。ネットで、さまざまな番組が見れるようになってきました。そのなかには、Youtubeで気軽に視聴できるような、ニュース・報道番組も多くあります。

これら、ネットのニュース・報道番組は、よくも悪くも「自由」なので、大手マスコミの言論を真っ向から批判したり、大手マスコミがなぜかスルーするネタを取り上げたり、大手マスコミが踏み込まないところまで、ニュースを深く踏み込んで分析したりします。このような意味では、ネットメディアは、大手メディアへのアンチテーゼ的存在になっている、ともいえるでしょう。もちろん、ネットの番組がすべて正しくて、テレビや新聞がすべて間違っている、などと言うつもりはありません。しかし、そのネットの番組が、ニュースに対する視野を拡げ、メディアリテラシーを高める役割を果たていることも確かです。少なくとも、ボケーッと「サンデーモーニング」を眺めている人よりは、ものの見方、考え方が鍛えられることは確かです(アレ、もろに偏向報道ですからね)。

そこで今回は、今のテレビ・新聞報道に不満や疑問を抱く皆さんの役に立つ、ネットのニュース・報道チャンネルを5つ、ご紹介しようと思います。皆さんの視野を拡げ、メディアリテラシーを高める、そういう力を持つチャンネルを5つ、ご紹介しようと思います。これらは、いずれもYoutubeで、無料で視聴することができますので。まずは、お気軽に覗いてみてください。

*もちろん、ネットやSNSの情報もウソだらけですがね。それこそ、テレビや新聞以上に情報を見極める“眼”が必要になります。

 

① DHCテレビ

まずはDHC。あの、サプリでおなじみのDHCが手がける、ネット放送局です。「あなたの知りたい真実、ここにあります」をキャッチフレーズに、政治や経済、社会を鋭く解説していきます。特に、朝の帯番組、2時間たっぷりの「虎の門ニュース」がオススメです。

www.youtube.com

 

② 文化人放送局

やたら、タブーに踏み込むことでおなじみ、「報道特注」を手がける文化人放送局。既存メディアの「報道しない自由」に対して、「報道する自由」をバンバン行使していきます。よくも悪くも、世の中がいかに腐っているか、を知ることができます。

www.youtube.com

 

③ チャンネル桜

日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく設立されたのが、この「チャンネル桜」です。既存メディアとは一線を画した、国益重視の観点からの報道がウリになっています(…なんて書くと、左翼の方が発狂しそうですが)。まぁ、いろんな番組がありますが、まずは看板番組「Front Japan桜」から見るのがいいかですかね。

www.youtube.com

 

④ チャンネルくらら

憲法史家倉山満と経済評論家上念司が、日々有益な情報を伝えています。ネットテレビらしい、インディーズ感があります(安っぽい、ともいいます)。経済・マーケット、国際関係、国防等のジャンルに強い印象です。

www.youtube.com

 

⑤ KAZUYA Channel

時事系ユーチューバ―、KAZUYAさんのチャンネル。日々のニュースを、数分程度でサクッと批評します。しばしば、朝日新聞をおちょくることでも有名です。

www.youtube.com


以上、ご紹介しました。どれも無料ですので、お気軽に見てみてください。それでは、今回はこのへんで。

(参考文献)