ひきこもり科学館

高学歴こじらせニートが、日々思い付くまま、あれやこれや書きます。

【就活準備】金融業界(銀行,証券,保険)に就職するには?学生のうちに何をしておく?

f:id:neetland:20181021002015j:plain

毎年、毎年、就活というものは、性懲りもなく訪れてきます。そのなかで、金融業界は「給料が高い!」「世間体がいい」「何か、インテリな気がする!」といったミーハーな理由で、学生からすごーく人気があります。皆さんは、どうでしょうか?金融業界、ご関心はありますか~~~?―「ある」という方、決して少なくないと思います。そこで今回は、何となく金融業界にあこがれるミーハーな諸君に、学生のうちから「やっておいた方がいいこと」を特別にお伝えしようと思います。これらを日々実践しておけば、どこかのイケてる銀行、証券会社に潜り込める可能性が、グググンッ!と上がっていくはず…。さぁさぁ、今のうちにライバルとの差を付けるのです!大学に入ったときから、もう、すでに就活への準備は始まっていますよ!

注)金融業界といっても、いろいろありますが、本記事では銀行あたりをイメージしていただければよいかと思います。とはいえ、今回のお話は(組織や業務の性質が似ている)証券会社保険会社などにも割とよく当てはまりますので、そのあたりにご関心のある方も読んでおいて損はないです。

 

① 体育会系組織・風土に慣れろ!

金融業界には、それこそ絵にかいたような、ゴリゴリの体育会系組織、体育会系風土があることも珍しくありません。ガチガチの上下関係に厳しいノルマ、理不尽な叱責、面倒なお付き合い…等々、これらは全て当たり前に存在します。そのため、怒られるのも仕事のうち、お酒の席も仕事のうち、とスパッと割り切れる人でないと続かないです。どうでしょう?皆さんは、割り切れますか…?この業界、おカネだけで入ってくると、何かとツラいことになりますよ。

という訳で、学生のうちに体育会系組織への適応力を高めておくことをお奨めします。そのためには、ガチの運動部に入るもよし、ブラックバイトに勤しむもよし…、です。激務に耐えうる体力、叱責に耐えうる精神力、理不尽に耐えうる頭のおかしさ(?)、をゲットしてください。なお、これらを備えておけば、金融に限らず、どんな業界、どんな会社でも広くやっていけます。だから、ゲットしておいて損はないです。ただ…、そこまでしてゲットしたいか、という問題もありますが(私は、ゲットしたくないです)。

 

② コミュニケーションは大事、人付き合いに慣れろ!

基本的に、金融系のお仕事には、さまざまな対人関係が付きまといます。それこそ「いろいろ」な人たちと、鬱陶しいほど絡み合うことになります。上司にも部下にも「いろいろ」な人がいますし、お客様(個人や法人)にも「いろいろ」な人がいます。金融系のお仕事では、これらの人たちと上手くやっていかないことには、お話にならないのです。したがって、この業界でサバイブするには、コミュニケーション能力折衝スキルが不可欠となります。

基本的に、1人で完結する仕事はない、と考えてください。例えば、皆さんの大好きな銀行などもなかなか…、いや、かなりですよ。銀行というところは、ゴリゴリのチームプレイですので、書類1枚の処理にも何人もの手が必要になります。いちいち、「◯◯さん、これお願いします!」を繰り返すことになります。さらに、ほんの少しの不備も許されません。(もし不備があれば)周囲に謝り倒して、修正することになります。何と煩わしいことか。この煩わしさはお役所を超えている、といっても過言ではないでしょう。

という訳で、学生のうちに対人関係(人付き合い)に慣れておくことをお奨めします。できれば、同世代のお友だちではなく、他の世代の大人たちに慣れておくといいですね。販売・飲食系のアルバイトや、地域のコミュニティ活動など、「よーわからん」大人たちと積極的に関わる機会を持ってください。大体、どんな奴がきても大丈夫!になれば強いです。まぁ、世のなか、大半のお仕事には対人関係が付きものですので、(金融に限らず)鍛えておいて損はないかと思います。

 

③ お金とか数字とか、勉強しておこう

金融系のお仕事には「お勉強」が付きものです。何せ、お金とか、数字とか、人より詳しくないといけませんから。それなりに…、専門性や専門知識が要求される訳ですね。まぁ、そういう意味では、確かにインテリなお仕事であるのは間違いないです。

例によって、皆さんの大好きな銀行なんて、もう「お勉強漬け」ですよ。資格とか、資格とか、資格とか、やたらとススメてきます。証券外務員に生保損保の販売資格、銀行業務検定、FP、宅建士…等々。これら、山のようにある資格を、ほぼ強制的に取得することになります。当然、貴重な休日も、これら資格の勉強で潰れていく訳でして…。ちょっと、どこかで気が狂いそうですよね。

という訳で、金融系のお仕事には「お勉強」が付きものですので、「お勉強」が苦手という人には、ちょっと厳しいです。だから、学生のうちに少しでも頭を使っておきましょう。お金や数字の基礎知識、効率のよい勉強法など、身に付けておいて損はないと思います。大学で、経済学や法学など、金融に関連する講義を受けるのもよいでしょう(金融に関係ない学部の方も、気になる講義は受けてみることです)。また、簿記やFP、TOEICなど、関連する資格を取るのもよいでしょう。そのほか、貯めたバイト代で株や為替など、投資、資産運用をしてみるのもよいかと思います。今のうちに、経済やマネーのセンスを磨いておきましょう。

 

④ 身辺調査あるかも…?素行には気を付けて

金融系のお仕事は「信用第一」です。何せ、人様のお金を預かる訳ですから、当たり前ですね。採用にあたって、身辺調査があってもおかしくはないです。ということで、普段から素行には気を付けてください。これ以上ないくらい、気を付けてください。くれぐれも、警察のお世話になるようなことはせぬように!別に、わざわざ口に出すまでもないでしょうが、念のため。念のため。

 

以上、金融業界志望の学生が「やっておいた方がいいこと」でした。これらを日々実践していけば、どんどん金融業界への就職に近づいていくはずです。ではでは、皆さんのご就職の成功を祈りつつ、今回はこのへんで…。