ひきこもり科学館

高学歴こじらせニートが、日々思い付くまま、あれやこれや書きます。

宅配ドライバー不足、過重労働問題解決への方向性|とりあえず、宅配ボックス(ロッカー)は必要だよね

近年は、私たちの生活のなかにネット通販が浸透してきました。ワンクリック「ポチー」で何でも届くことが、当たり前になってきました。しかし、そのしわ寄せでしょうか。現在、宅配ドライバーの不足や過重労働が問題化しています。

「また、再配達ぅ?」

「水、重すぎぃ~~~!」

「ぼえぇぇぇーーー」

「ぎぃあぁぁーーー」。

何だか、いろんな悲鳴が聞こえてきます。さぁ大変、これは何とかせねばなりません。という訳で、今回はこうした宅配ドライバーを取り巻く問題を解決すべく、いろんな策を考えてみました。それでは、順にみていきましょう。

 

① 宅配ボックス(ロッカー)の設置、ポストの大型化

f:id:neetland:20180401133138j:plain

まずは、これ。自宅に宅配ボックス(ロッカー)を設置しましょう。その理由は簡単。そもそも宅配ボックスさえあれば、再配達になどならないからです。よって、各戸が宅配ボックスを設置すれば、再配達の問題は自然消滅します。もういっそ、宅配ボックスの購入に補助金を出すのはどうでしょうか。それだけで、1つの大きな問題がなくなるのですから。新築物件なら、設置を義務付けるくらいでもいいかもしれません。とはいえ、宅配ボックスを設置できない場合もあるでしょう。その場合、ポストの口を大きくするだけでも、一定の効果があります(少し大きめの郵便物が入るようになります)。

② 消費者モラルの向上、「適正取引」意識の醸成

f:id:neetland:20180401134606p:plain

今思えば、私たちがサービスを求めすぎではないでしょうか?今、割と当たり前になっている「送料無料」「当日配送」って、本当に当たり前のことですか?そんなことないでしょう!すんごいサービスですよ。すんごいハイレベル・サービスですよ。もうね、どっかのお姫様が黒服に頼んで、ヘリで持ってきてもらうレベルです。これが当たり前なんて、頭おかしいです。ましてや、「時間指定」に「再配達」なんて…。そりゃあ、ドライバーにとっては大変です。今まで、よくやってきましたよ。

だから、私たち消費者も、少し考え方を見直してみてはいかがでしょうか。そのサービス、本当に必要ですか?とか。何か、無理な注文をしてないかな?とか。そうやって、消費者としてのモラルとか、気遣いとか、が生まれるのだと思います。例えば、次のような心がけは、あってもいいんじゃないかな。

  • ちゃんと送料を払うこと(少なくとも、「送料無料」を当たり前だと思わないこと)。
  • お急ぎでなければ、「お急ぎ便」「当日配送」は利用しないこと。
  • 「時間指定」したら、ちゃんと家にいること。

皆さんは、どう思いますか?
 

③ ドライバー賃金の引き上げ

どんな仕事も金しだい、それなりの仕事にはそれなりの対価が必要です。少しでも、トライバーの賃金を引き上げましょう。少しでも…。ただ、難しいかな。そのためには、仕事の単価、効率のアップも必要でしょうし…。そこは、頭をひねるしかないですね。

④ 配達料金の引き上げ、一部サービスの廃止

まず、割に合わない仕事ばかりしていると、いつまでたっても楽になりません。だから、そういう仕事は極力避けるように持っていきましょう。そのためには、配達料金の引き上げや、一部サービスの廃止も検討する必要があります。例えば、「時間指定」を続けますか、止めますか?それとも、有料化しますか?とか。いろいろ考える必要があります。もはや、消費者や取引先を気にしている場合では、ないかもしれません…。

⑤ 事業者の国営化・公営化

ウルトラC級の裏技として、事業者を国営化・公営化するのはどうでしょうか。そして、公務員待遇にして、ちゃんとした給与、休暇を与えるのです。これで、ブラックな労働からは解放されます。郵政民営化とは逆ですね。まぁ、あまり現実的ではありませんが。

⑥ 地域拠点配達(ポスト、ゴミ捨て場並みのネットワークを)

本当は、それぞれの家に宅配ボックスがある、というのが理想です。とはいえ、何らかの事情で、宅配ボックスを置きたくても置けない家もあるでしょう。だから、赤いポストと同じように、町じゅうに宅配ボックスを設置するのはどうでしょうか。それこそ、ポストの横にでも上にでも、置いてみてはどうでしょうか(スペースありそうだし)。それで、近くのボックスに届けて、後で取りに来てもらうと…。どうでしょう?まぁ、最近は「PUDO」なんかもありますが。あれを、ポスト、ゴミ捨て場並みのネットワークにできないかな~、と。
 

⑦ ドローン無人配達

f:id:neetland:20180401133656p:plain

そもそも、配達を生身の人間がやるからツラいんだ。だから、機械にやってもらおう。ということで、ドローンやら何やらに配達してもらうのはどうでしょうか。別に、ドローンじゃなくてもいいです。自動運転車でも、ロボットでもいいです。とにかく、機械に任せられるところは、どんどん任せるのです。これでもう、楽チンです。まぁ、そうなると、ドライバーの仕事自体がなくなってしまいますが。

(おわりに)

以上、ぐだぐだと書いてきました。うーん…。とはいえ、しばらくはこの状況が続くでしょうし…。とりあえず今、ネット通販を使うときは、少しドライバーのことを考えて使うしかないですね。少なくとも、「時間指定」したら家にいないと、とかね。ではでは、今回はこのへんで。