ひきこもり科学館

高学歴こじらせニートが、日々思い付くまま、あれやこれや書きます。

(歯科定期健診のススメ)虫歯なんて自分では分からんから、歯医者には定期的に行けよ!

f:id:neetland:20180428094314j:plain

◯ いきなりですが、皆さんに1つ質問です!最近、歯医者に行ったのはいつですか?ちなみに、私の場合は1か月前です。

 

◯ なになに…。えっ、ここ数年くらいは行ってない?…マズいですよ。今ごろ、とんでもないことになってますよ。今すぐ、歯医者に行ってください!

 

◯ え、何も痛いところもないのに、何で行かなきゃならないんだって?…いやいやいや、そこが間違っているんですよ。歯医者は「何もない」からこそ、行かなきゃならないんですよ!…いいですか。歯医者は、どこか痛くなってから行くところではありません。どこも痛くなくても行くところです。要するに、定期的に「通う」ところなのです。

 

えぇ~、最初にいくらか与太話をかましましたが、今回言いたいことはシンプルです。ズバリ、歯医者の定期検診を受けろ!ということです。歯医者は定期的に行け!ということです。

 

もしかしたら、「え~、面倒くさい」と思う人もいるかもしれません。しかし、そういう人こそ、このちょっとした手間を惜しまないでほしいのです。はっきり言って、定期検診は「いいことづくめ」です。これから、定期検診に絶対行った方がいい理由を4つ書いていきますので、ぜひ読んでみてください。

 

① 虫歯なんて、自分では分からない!

皆さんは、歯医者に虫歯の治療に行ったら、そこで新たな虫歯が見つかった、という経験はありませんか?おそらく、多くの人が一度はあるかと思います。そうです。虫歯なんて、自分では分からないことも少なくないのです。もちろん、外から見えやすいところにあれば、自分で発見することもできるでしょう。しかし、虫歯というのは、しばしば見えにくいところにできるものです。よく、歯と歯の間にできたり、歯と詰め物の隙間にできたりします。これらを自分で発見する、というのは至難のわざです。しかし、虫歯である以上、放置してはいけませんよね。とはいえ、発見しない限りは治療できませんよね。…ということは、結局のところ、専門家に発見してもらうしかないのです。だから、「特に痛いところがなくても、歯医者に行けよ」と言っているのです。これは、別に虫歯に限った話ではありません。歯周病など、ありとあらゆるお口のトラブルに当てはまることです。

 

② 早めの治療が何かと「ラク」

別に、歯医者に限ったことではありませんが、病気は早めに治した方が何かと「ラク」です。放置しても、いいことは何1つありません。それは、虫歯治療でも経験済みの方が多いのではないでしょうか?軽度の虫歯は、(少し雑な言い方ですが)削って埋めて「おわり!」です。しかし、重度の虫歯ではそうもいきません。特に、神経を抜かなければならない場合は、非常に面倒なことになります。治療プロセスが長く複雑になりますし、その分、何度も病院に通う羽目になるのです(私も通いました)。このように、同じ虫歯であっても、早めに治療した方が何かと「ラク」なのです。早めに治療した方が、お金も時間も、気力も体力も消耗が少ないのです。しかし、早めに治療するためには、異常も早めに発見しなければなりません。そこで役に立つのが、定期検診です。定期検診を受けていれば、早い段階で異常が見つかるので、早い段階で治療に取りかかることができるのです。

 

③ ブラッシングを指導してもらえる

f:id:neetland:20180428094423j:plain

歯の正しい磨き方は、自分ではなかなか分からないものです(各人の歯並びによっても変わります)。そのため、どうしても上手く磨けていない(=歯垢が取れていない)部分があるのです。しかし、ご安心を。歯科検診では、正しいブラッシングの仕方を指導してもらうことができるのです!歯科衛生士さんから「どこが汚れているのか」「どのように磨けばよいのか」を具体的に教えてもらうことができるのです。正しいブラッシングを身に付ければ、虫歯をはじめ、様々なお口のトラブルをかなり軽減することができるはずです(逆に言えば、身に付けなければ、同じようなトラブルが再発してしまいます…)。さぁ、正しいブラッシングを身に付けるのです。

 

④ 歯石を除去してもらえる

残念ながら、たとえ正しいやり方で歯を磨いても、歯垢を完全に取ることはできません(プロでさえ、そうです)。そのため、時間の経過とともに、どうしても歯垢が溜まっていくのです。そして、これが固まっていくと歯石になるのです。歯石は、歯周病などの原因となる上に、自分で取り除くことは困難です。したがって、どうしても歯医者で除去することになります。しかし、それが定期検診を受けていれば、ちょうどいいタイミングで除去してもらうことができるのです。これぞ、一石二鳥というものです。

 

(さいごに)

このように、定期検診には多くのメリットがあるのです。これはもう、受けない理由はないですよね。ただ、ここで1つ疑問を持つかもしれません。「一体、どのくらいのペースで行けばいいの?」と。これは、確かにお答えせねばなりませんね。もちろん、年齢や口内の健康状態によって異なってきますが、ある程度の目安はあります。ズバリ、「3カ月に1回」から「半年に1回」程度です(実際、多くの歯科医がそう奨めてきます)。もちろん「3カ月に1回」の方がより安心ですが、「半年に1回」でもかなり違いますよ。それくらいのペースなら、どんなに忙しい方でも、無理なんてことはないと思います。

 

↓ ここから、日本全国の歯医者さんを検索できます!

 

それでは、今回はこのへんで。

 

(PR)