ひきこもり科学館

つれづれなるままに、ひきこもり、硯にむかひて

大学首席卒業者が教える、学業成績・GPAを飛躍的に上げる7つのステップ

f:id:neetland:20180530001250j:plain

大学生の皆さん、こんにちは。突然ですが、朗報です!特に、右も左も分からない新入生の皆さんや、成績が気になっている皆さんには朗報です。今回は、かつて大学を首席卒業した(何か、気付いたらしてた…)私が、皆さんの学業成績・GPAを飛躍的に上げる7つのステップを伝授します。実に、素晴らしいノウハウを伝授します。

これを読めば、皆さんの成績もグングンupすること間違いなし!これを読んで、皆がビックリするような成績を取りに行きましょう。さぁ、続きを読むのです!ていうか読め!

※ 注意事項(お話の前提)
・ちなみに、私は某公立大学の社会科学系の学部・学科を卒業しています。偏差値的には中堅・そこそこ、分野的には政治・経済、社会、文化…、全部ごった煮、何でもアリな感じです。大体イメージできますでしょうか?
・なかには、「何だよ、東大じゃないのかよ」などと思われる方もいるでしょう。しかしながら、東大だろうが帝◯平成大学だろうが、やること自体はあまり変わらないと思います。むしろ中庸なステータスの方が、皆さんの多くにも当てはめやすいかと…。
・当然ながら、皆さんの大学学部・学科によっては効果の出方、出やすさが変わってきますので。その点に関しては、何卒悪しからず…。

 

ステップ1:戦略的に履修登録せよ

先に言っておきますが、履修登録はめちゃくちゃ大事です。ある意味、履修登録が運命を分ける、と言っても構わないくらい大事です。だから、履修登録の時点で勝負は始まっている、と考えてください。ここで成功するか、失敗するか、が今後の状況を大きく左右します。したがって、よくよく考えて戦略的に履修登録することが大切なのです(ちなみに、履修登録を忘れるのは論外です)。

1) 徹底的に情報収集を

まずは情報収集、徹底的に調べてください。少しでも履修する可能性のある科目は、徹底的に調べましょう。そのためには、まずはシラバス。シラバスは舐め回すように見てください。それこそ、鉄ちゃんが時刻表を研究するようなまなざしで…(コレ常識)。講義内容はもちろん、評価方法、配点までしっかり確認するのがポイントです。ちなみに、各科目は評価方法や配点によって、以下のタイプに分けることができます。

・定期試験のみ(平常点なし)タイプ

定期試験のみで評価するタイプ。講義への出席や課題の提出が求められない分、普段は非常にラクに過ごせる。上手くやれば、講義に出ずに単位を取ることもできるが。逆に試験一発勝負なので、単位を落とすリスクも非常に高い。

・定期試験重視タイプ

定期試験の配点が大きいタイプ。普段は比較的ラクに過ごせる。ただし、試験一発勝負の要素が強い分、単位を落とすリスクは高い。

・平常点重視タイプ

平常点(出席、レポート等)の配点が大きいタイプ。講義への出席や課題の提出が求められるため、普段から忙しくなる。その代わり定期試験で失敗しても、単位を落とすリスクは低くなる。

・平常点のみ(定期試験なし)タイプ

平常点のみで評価するタイプ。普段は大変だが、試験勉強がないので後々ラクになる。 

個人的には、それぞれのタイプをバランスよく、時間割に組み込むことをおすすめします。ただし、試験一発勝負が得意な方は「定期試験重視タイプ」を多めに、平常点の積み上げが得意な方は「平常点重視タイプ」を多めに、というように、人によってちょうどいい塩梅があるとは思います。そのへんは、各自様子を見ながら調整してください。

次に、口コミ。お友達やサークルの先輩などから、講義の評判を聞き出してください。「あの講義は取りやすい」「テストは◯◯から出た」「レポート課題が難しい」などなど…。シラバスには載らない、ナマの声を拾い集めるのです。ちなみに、講義の口コミは「みんなのキャンパス」というWEBサイトにも載っていることがあります。こちらも参考にしてみてください。

2) バランスのとれた時間割を組もう

ある程度、情報取集ができたら時間割を組んでください。その際には、次の3つのポイントを意識して、バランスよく組むとよいでしょう。これで、大きな失敗はなくなるはずです。

(講義に出やすいこと)

単位取得の第1歩は、講義に出ることです。逆に言えば、講義を休みがちになると、何かと危うくなってきます。したがって、時間割は無理なく出席できるように組むのが基本です。時間割は詰めすぎず空けすぎず、バランスよく組んでください。日によって午前だけ、午後だけとか。水曜日は全休とか。いろいろありますよね。また、いわゆる「フルコマ」(時間割を1~5限目まで全て埋めること)はできる限り避けてください。はっきり言ってしんどいです。そのほか、朝がしんどい人は1限目を避けるのも1つの手です。とにかく、講義への出席自体にムダな気力・体力がかからないようにするのがコツです。 

(「ラク単」の多いこと)

やはり、学業成績・GPAを上げるには「ラク単」(ラクに単位が取れる科目)を取りに行くことです。「ラク単」を取りに行きましょう。逆に言えば、成績評価の厳しい科目は避けた方がよい、ということです(もちろん、必修科目などは仕方ありませんが)。なお「ラク単」を含め、成績評価の難易度については、学生たちの間で必ず話題になります。普段から、聞き耳を立てておいてください。 

※ なお「ラク単」に似た概念として「ラク先」(ラクに単位が取れる先生)というものもあります。これは成績評価の難易度が(科目というよりは)教員によるところが大きい、ということを示しています。

(適度に、自分の興味・関心に合うこと)

大体何でもそうですが、好きな勉強ははかどり、嫌いな勉強ははかどりません。それは、大学の講義においても一緒です。好きな分野の講義であれば、多少難しい試験やレポートが出ても、割と何とかなります。しかし、嫌いな・興味のない分野の講義となると、ただイスに座っているだけで苦痛…、にもなりかねません。よって、時間割を組む上では、適度に自分の興味・関心を優先させることも大事なのです。その方が勉強にも張り合いが生まれるのです。何でも「ラク単」で固めればいい、という訳ではありません。シラバスを舐め回していれば、大体の好き嫌い、興味のあるなしは判断できるかと思います。舐め回してください。

※ 自分の好きな科目を選択できる、これは大学のいいところの1つです。皆さんはこの自由を存分に楽しんでください。ていうか、楽しまないと損ですよ。
※ どんなに調べても、好きな科目がない!という場合に関してですが、その場合はひょっとしたら入る学部・学科を間違えたのかもしれません…。

3) 履修取消も選択肢

ときどき講義を受けているうちに、あれ、何か違うぞ?と思うことがあります。例えば、思ったよりも内容が難しい、思ったよりも課題が多い…、といったケースです。このような場合は、「履修取消」も1つの選択肢となります。「履修取消」とは、ある特定の期間に履修科目を取り消すことができる制度のことです。つまり、簡単に言うと「なかったことにする」というヤツです。どうしても無理ィ!と思ったときは、この制度を利用してみてください(ただし、取得単位数が減るので乱用は禁物です)。

 

ステップ2:平常点を確実に取りに行け!

一発勝負の定期試験に比べて、平常点(出席・レポート等)は安定的に得点することができます(ちゃんとやっていれば)。努力をそのまま、点数に変えることができます(ちゃんとやっていれば)。本気で成績を上げたいのなら、取れるところは確実に取りに行きましょう。もう一度言います。取れるところは確実に取りに行きましょう。そういう貪欲さって、何だかんだ言って結構大事ですよ。

1) 講義には出席を(特に最終講義)

まず、講義にはできるだけ出席しましょう。そして、出席点を着実に積み上げていきましょう。もし、本気で成績を上げたいのなら、こんな確実な得点源を逃してはなりません。そのためにも、目覚まし時計はちゃんとセットしておきましょう(1つじゃ足りません。2つ以上はセットしましょう)。それともう1つ、最終講義には必ず出席してください。結構高い確率で、定期試験のヒントをもらえます。なかには、試験問題そのものを発表する先生もいます。これは聞いておかないと、すご~くもったいないですよ。

※ ただし、出席点のない講義には出なくてもよい、とは思わないでください。何だかんだ言って、講義に出ているからこそ得られるものもあります。それは何かって…?自分で(講義に)出て確かめましょう。

2) レポートは、芸術作品をつくるように

レポートにも、全力で取り組みましょう。例えるなら、「芸術作品をつくるように」取り組みましょう。この「芸術作品をつくるように」と言うのは、自分でも秀逸な例えだと思います。経験上、このような心持ちで取り組むと、自分のベストを出すことができるのです。レポートを出すときに、自分の大切な作品として、愛着が持てるように仕上げましょう。それこそ、木彫りの仏像でも彫るような気持ちでやるといいと思います。そのようにしていれば、結果は後から付いてくるはずです(ただし、テーマや字数など、最低限の規定は守ってください)。

 

ステップ3:勉強時間を確保せよ

講義の集大成である定期試験をクリアせずして、高成績・高GPAを収めることはできません。よって、定期試験対策はこれ以上ないくらい、しっかりと取り組むことが求められます。では、しっかりと取り組むにはどうすればよいでしょうか…?答えはカンタンです。時間を確保してください。勉強する時間を確保してください。ここからは、そのために大切となる3つのポイントをお知らせします。これを読んで、定期試験前に十分な勉強時間がとれるよう、備えておいてください。 

1) たまには復習を

定期試験の勉強は、何も直前になって始めることはありません。(当たり前ですが)もっと早く始めてもいいのです。と言う訳で、ここで1つ提案です。たまには復習しましょう。たまにでいいので復習をしましょう。えっ、嫌だって…?皆さん、高校時代は普通に復習してたでしょうが!何で大学に入ったら、急に止めるんですか⁉もう、訳分かんないよーーー!

はい、そういう訳で。講義が5コマ進んだら、あるいは半分(7~8コマ)進んだら、でも構いません。適当なタイミングで、資料整理も兼ねて講義の復習をするのです。例えば、レジュメを読み返すもよし、分からない用語を調べるもよし、テキストの未読部分を読むもよし、です。これを苦手な、難解な科目だけでもやっておくと、後が大分ラクになります。たまーに、難しい科目だけ、で構いません。復習しましょう。

2) レポートは早めに着手&早めに提出

言うまでもなく、定期試験の直前は試験勉強に集中しなければなりません。しかし、もし、そんな時期に差し迫ったレポート課題があったら、一体どうなるでしょう…?答えはカンタン、試験勉強ができなくなります。と言う訳で、この「ありがち」な失敗を避けるためにも、レポートは早めに着手&早めに提出してください。そして、定期試験1週間前には試験勉強のみに集中できる(=全てのレポートが終わっている)状態にしておいてください。早めにやっておくことは、試験勉強の時間を確保するだけではなく、レポートの質を向上させることにもつながります。

ちなみに。レポート課題が出されたら、早めに図書館で参考文献を調べておきましょう。そして、何冊か(最低1冊、できれば2~3冊)使えそうな本を確保しておきましょう。というのも、参考文献は講義の出席者どうしで「争奪戦」になるからです。後で書こうと思っていると、使えそうな文献はすでに借り尽くされている…、どうしよう?これじゃレポートが書けない…、なんてことにもなるからです。一方で。今すぐは書かないにせよ、とりあえず使えそうな本はある、そういう状態にしておくだけでも安心感が違います(とはいえ、そのまま本の返却期限を迎えないように)。

3) バイト・サークルはほどほどに

当然ながら、バイト・サークルは学業の妨げにもなります。よって、やり過ぎは禁物です。ましてや、定期試験直前のバイト・サークルなんて「自殺行為」です。点をドブに捨てるようなものです。絶対にやめてください。ついでに言うと、定期試験に配慮しないバイト先なんて、辞めてもいいと思いますよ。何なら、バックレてもいいと思いますよ(それで、バイト先にお灸をすえてやりましょう)。

 

ステップ4:できる限り過去問を入手

定期試験の過去問はできる限り入手しましょう。あるのとないのとでは、勉強の仕方が大きく変わってきます。また、勉強の効率も大きく変わってきます。だから、持っておいて損はないです。持っておきましょう。ちなみに、過去問はサークルの先輩と仲よくなっておくと、手に入りやすいです。また、過去問のほかには、先輩の講義ノートも参考になる場合があります。可能であれば、そちらも入手しましょう。

※ とはいえ、過去問や講義ノートの類が入手できないこともあります。入手できなくても得点できるように、普段からちゃんと勉強しておきましょう。
※ いくら過去問があっても、あくまで過去問は過去問です。ときに、出題内容が大きく変わることもあります。やはり、過去問以外の部分も(ちょっと薄めでもいいので)勉強しておくことをおすすめします。

 

ステップ5:最後の最後、定期試験こそベストを尽くせ!

定期試験は講義の集大成です。ここで手を抜いたり、息を切らしたりしていてはダメです。最後の最後、定期試験こそベストを尽くしてください。まず、よほど自信のある(or どうにもならない)試験でない限りは、制限時間を残して退出しないでください。制限時間いっぱい、振り絞って何かを書くのです。こうして書いた一文が、何だかよく分からなくとも評価されて、素点を5点くらい引き上げることは多々あります。そして、この5点くらいが「秀」と「優」の分水嶺になることも多々あります。だから、試験が終わるまでは諦めないでください。最後まで、貪欲に取りに行く姿勢が後々、結果となって表れてきます。

 

ステップ6:教員ごとに攻略法アリ

大学の講義は、それぞれの先生によって、やり方(スタイル)がものすごく変わります。例えば、ひたすら90分しゃべり倒す先生もいれば、ときどき学生に質問を投げかけたり、感想を聞いたりする先生もいます。また、板書をたくさんする先生もいれば、ほとんどしない先生もいます。そのほか、成績評価において、定期試験を重視する先生もいれば、平常点を重視する先生もいます。

このように、大学の講義はそれぞれの先生の「個性」が非常によく表れるのです。つまり、各教員によってやり方(スタイル)が大きく異なるということです。しかし、これは裏を返せば、同じ教員だったら別の講義であっても、あまりやり方(スタイル)は変わらない、ということでもあります。そのため、大学の講義で好成績をおさめる方法は教員ごとにある、と考えることができます(講義ごとではない、のがポイントです)。これは経験上、あながち間違いではないと思います。実際、S先生の講義で「秀」が取れれば、S先生の別の講義でも「秀」が取れるのです。T先生の講義で「秀」が取れれば、T先生の別の講義でも「秀」が取れるのです。逆に、U先生の講義で(ちゃんと頑張っても)「優」しか取れないと、U先生の別の講義でも「優」しか取れなかったりします。ある意味、相性みたいなところもあると思います。

よって、ここから導き出されるアドバイスは、教員ごとに攻略法を見つけろ!ということになります。そして、攻略法が見つかったら、その先生の別の講義も取ってください。何なら全部取ってください。このやり方で、成績・GPAはかなり上がるはずです(上がりました)。

 

ステップ7:後は本気になるだけ!

今まで書いてきたアドバイスも、実行しなければ意味がありません。だから、本気になってください!後は、あなたの「やる気」しだいです。もう、これ以上に言うことはありません。

 

おわりに:当たり前のことを当たり前にやる、ということ

以上、長々と書いてきました。ただ、こうして書いたことを振り返ってみると、ごく「当たり前」のことが多いですね。何だ、秘策でも画期的なノウハウでも、何でもないじゃん、と。なかには、がっかりされた方もいるかもしれません。

ただ、それだけ当たり前のことを当たり前にやる、ということが大事なのではないでしょうか。それが後々、結果として付いてくるのではないでしょうか。書いていて、そんなふうに思いました。

 

蛇足:好き・楽しいのチカラについて

ここまで書いてきて、こんなことを言うのも何なんですが。私が曲がりになりにも首席になれたのは、そもそもこうしたノウハウ・努力以前に【大学での勉強が好きだった】ということが大きいような気がします。というのも、ですね。今思い返しても、大学の勉強って楽しかったんですよね。ケタ違いに楽しかった。だって、工夫して選んでいるにせよ、好きな講義(*1)が9割ですもん。嫌いor 好きじゃないが1割しかない。

もしこの割合が反対だったら、同じ結果を出せますか?というと、それはかなり厳しいんじゃないかなぁ…、という気がします。だって…、在学中に手を付けた公務員試験、簿記の勉強、見事に挫折してますからね!なぜかって、(大学の勉強に比べて)楽しくないから。いくら「役に立つ」「ためになる」とは言っても、好きじゃない・楽しくないことってやりにくいんですよ。(大学の勉強が楽しいと)なぜ横にこんな楽しい勉強があるのに、こんなつまらん勉強をせねばならないんだ!なんて思ったりもして…。やはり、好きとか楽しいとか、そういうチカラは大きいんですよ(*2)。

もしあなたが、大学の勉強が楽しくない、入る学部・学科を間違えた、などと思っているなら、

・何らかの方法で転部・転学科を図る
・カリキュラムの融通の利く範囲で、他学部・他学科の講義を受ける
・せめてゼミだけでも、自分の興味関心に引っかかりそうなところへ入る

など、少しでも好き・楽しいエリアに接近する策を取った方がいいのかもしれません。その方が道が開けるかもしれません。

いっそのこと、大学の勉強以外で好きなこと、楽しいことを見つけるのも悪くはないと思います。まぁ、大学の成績ごときで、人生がぶっ壊れたりはしませんからね。多少卒業(在学期間)が延びたり、奨学金や留学の審査に引っかかったり、そういうことはあるかもしれませんが。少なくとも、致命傷を負うようなことはないでしょう。別に卒業が1年延びるくらい、人生の思い出の範疇です。後で笑い飛ばせるレベルの話です。多少の傷は笑い飛ばして、やっていきましょう。

*1 ここでのニュアンスとしては、講義内容に多少なりとも興味が持てる、試験勉強がさほど苦にはならない、といった感じです。
*2 逆に「役に立つ」「ためになる」系のチカラは意外と小さい気がします。人間、この手の実利系のモチベーションだけでは動けなかったりします。

 

(こちらもどうぞ)

・ 地味に高い大学のテキスト、なるべく安く手に入れませんか?

www.neetland.com

・使い終わった大学のテキスト、どうせなら高く売りましょう!

www.neetland.com

 

(参考文献)